toggle
106Hair | タイ・バンコクの美容室
2017-03-04

スタッフに!! 店で!! の前に俺は学んだのか??(- -)

Pocket

『スタッフに?? 店で?? の前に美容室経営者の私は学んだのか??(- -)』
アンガーマネージメントですよ!!
去年から遅ればせながら学び出した安藤俊介氏のアンガーマネージメントが、
SHINBIYO の4月号より1年間連載が始まった。😎

バンコク美容室

安藤俊介先生、少し、アトピーのようですね、Bangkokに少しの間生活拠点を移されたらいかがですか、症状は確実に改善しますよ。(^^)
水は硬水だし、湿度が高いですからね。

『日々の「ムカッ」に惑わされない サロンで使えるアンガーマネジメントQ&A』
第1回目「スタッフをうまく怒れない」…。
って、私含めてうまく怒れるオーナーをあんま見たことないし…。

怒鳴り飛ばして人格をも全否定している様な怒り方しかできなかった私。(今もか??)
手こそあげないが、言葉で、大きな声で、シバき回した…。😎(これは、マジ)

バンコク美容室

この娘が就職しましたから、20年ぐらい前、35歳くらいです。(この頃です。酷かったの)

誰に注意を受けるでもなく、寄るモン触るモンすべてをドツき回して引きずり倒した。
私と話した事もない新人スタッフが、私の話を先輩スタッフから聞き大嫌いになり、やめていった…。💢

その頃、『本気、本心、本音』が、人を育てる!!
を、座右の銘にしてましたが、
大きく履き違えていましたね…。
バンコク美容室での人材育成でも、『本気・本心・本音』が人を育てる!!と思っていますが、
解釈は、だいぶ変わりました。😎
特にこの安藤俊介アンガーマネージメントに出会ってからは、周りの景色が変わるぐらい考え方、物の見え方が変わりましたし。
癇癪持ちの私の沸点を周りに理解してもらえる様に説明できる様になったのは、私の中では、大きな前進でした…。
勘違いかもしれませんが😎

連載は、美容師さんの悩みにをどうすればいいかアンガーマネジメントの視点から回答し、さらにそれに関連したアンガーマネジメントのテクニックを紹介するという構成になっています。と安藤俊介氏は、FBで紹介しておられました。

安藤俊介先生の記事はこちらから→https://www.facebook.com/andoshunsuke?fref=nf&pnref=story

一般企業では、当たり前の様に、社内でのスキルアップに活用し、社内風土にまで育てている企業もあると聞きます、

美容室も日本の美容を牽引するあの『G』も、すでに、幹部社員は、アンガーマネージメント講習受講は必須と聞きました。
この新美容4月号は、3月1日発売ですから、もう出てますね。私も日本から届くのが楽しみです。

私は、すごくサロン運営、スタッフ育成には、ピタッと来ると思いますから、ぜひ読んでみて、安藤俊介先生のアンガーマネージメント入門講座を、ぜひ聞きにいってみてください。

パラダイムシフトじゃダイバーシティじゃ言うたり考えたりする以前の話ね、😎
美容が好きで美容師なった子達の夢を壊さない?潰さないようにすれば明るくなると思う今日この頃でございます…。😎

バンコク美容室

元美容師…。
これ聞くの辛い…・(イメージ画像)

夢失くしたら、なかなか次に進めないもんな…。

あ、あの私ね、まわしモンちゃいますからね。『本気・本心・本音』で、モノ言うてます。😎

 

教訓

『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』

 

いつも笑顔で…。(^^)

 

 

 

 

タイ・バンコクの、美容室 情報は、タイナビ から
http://www.thainavi.net/salon/106.html 

 

村瀬 真
タイのバンコクで106 HAIR STUDIO と言う美容室を経営しております。
タイ人スタッフと日本人スタッフに囲まれ、アメージングなBangkokを日々満喫しています…?? よろしくお願いします。m(_ _)m
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です